葬儀に参列する際の香典の書き方

数珠と御霊前

葬儀に参列する際の香典の書き方ですが、故人の宗教によって違いがあります。
個人の宗教がもし分からない場合、白地の熨斗(のし)袋に白黒か双銀の結び切りの水引きを使用します。そして、熨斗袋の上段に御霊前と表書きをして、水引きを挟んで下段に会葬者の名前をフルネームで書きます。
個人の宗教が仏教であったり、仏式で葬儀が行われる場合、お通夜や葬儀では、無地の熨斗袋か蓮の花が描かれている熨斗袋に、白黒か双銀の結び切りの水引きを使用します。熨斗袋の上段に「御霊前」・「御香典」・「御香料」と表書きをして、水引きを挟んで下段に会葬者の名前をフルネームで書きます。また、四十九日を過ぎると、故人は仏様になるので、四十九日以降の法要では「御霊前」ではなく、「御仏前」や「ご仏前」と表書きをします。
故人の葬儀が神式で行われる場合は、無地の熨斗袋の上段に「御神前」や「御玉串料」あるいは「御榊料」や「御霊前」と表書きをして、白黒か双白あるいは双銀の結び切りの水引きを挟んで、下段に会葬者の名前をフルネームで書きます。
故人の葬儀がキリスト教式で行なわれる場合は、ユリの花や十字架が描かれた熨斗袋の上段に「御霊前」や「御花料」と表書きをして、下段に会葬者の名前をフルネームで書きます。
いずれの場合も使用するペンは薄墨用の筆ペンが最適です。

ピックアップコンテンツ

電卓

葬儀をする前に葬儀費用をチェックしておく

葬儀と言うと、頻繁に行われるわけではないため、事前準備としてもしっかりしておきたいところです。葬儀費用においては、葬儀にどれくらいの費用がかかるのか、そして地域や…

詳細はコチラ

最新記事一覧