神道の葬儀について

鳥居と灯篭

葬儀と言えば、ほとんど仏式がですが、日本には神道を信仰している方もいます。そういう方は神道の葬儀は神葬祭と呼び、仏教の葬儀とは違う事も多いので、いざという時の為に知っておいたほうが良いかと思います。
まず葬儀と言えば、1番に思い付くのは香典です。香典袋には蓮の花の描かれているものが多いですが、蓮の花は仏教由来なので神葬祭では使用しません。また、表書きには「御霊前」・「御神前」・「御玉串料」などと書きましょう。
神葬祭では、お通夜に当たるものは遷霊祭と呼びます。仏教との大きな違いは、まず「手水の儀」を行います。右手を使って柄杓で水を汲み、左手、右手の順に洗い、左手で柄杓の水を受けて口を濯ぎます。それが終わったら、次は玉串奉奠です。これは仏教でいうところお焼香です。係の方、もしくは巫女さんから榊という木の枝でつくられた玉串と呼ばれるものを両手で受け取ります。この玉串を祭壇に奉り、一歩下がって祭壇にむかって二回礼をして二回柏手を打ち、もう一度礼をします。この際の柏手は大きく打たず、あまり音を立てないようにしましょう。以上で終わりです。
簡単に説明しましたが、神道式で行う方もいらっしゃいますので、覚えておけば慌てずに済むかと思います。

ピックアップコンテンツ

電卓

葬儀をする前に葬儀費用をチェックしておく

葬儀と言うと、頻繁に行われるわけではないため、事前準備としてもしっかりしておきたいところです。葬儀費用においては、葬儀にどれくらいの費用がかかるのか、そして地域や…

詳細はコチラ

最新記事一覧